母の日に贈る小・中学生の相場は?おすすめプレゼントを教えて!

スポンサードリンク

[母の日]

母の日03
母の日は“日頃の感謝の気持ち”を込めて、お母さん・ママにプレゼントを贈ることを考えている人も多いかと思います。

しかし、実際はお金をそんなに持っている人も少なく、「こんなので喜んでもらえるんだろうか・・・」っと考えてしまっている人も多いかと思います。

そこで、今回は母の日に小学生・中学生が贈るプレゼントの相場はどれくらいなのか?何を贈ればいいのか?ということを考えて行こうと思います。

何かしてあげたい気持ちはあるけど、“どうしたらいいのかわからない!”というあなたは、こちらの記事を読んで頂き他の人がどう考えているのか?ということを参考にしてもらえればと思います。


小・中学生の贈り物の相場は?


小学生・中学生にとって次の事で悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

  • 「お金がないよな・・・」

  • 「でも、お母さん・ママには何かプレゼントしたい!」

そこで、気になるのが「他の小・中学生は母の日にどれくらいの相場で、プレゼントを贈っているのか?」という事ではないでしょうか?

結論から言って、小学生・中学生の母の日のプレゼントの相場は・・・

お小遣いの範囲で、0円~2,000円ぐらいと言われています!

この記事を読んでいる方の中で成人になっている人がいたら“こんな値段でいいの?”っと思うかもしれませんが、小学生・中学生にとって上限である2,000円というのは、かなり高額と言えます。

ここで、注目してほしいのは“0円”というのが、相場に入っていることでしょう!

“0円”っといっても、タダで何か物を入手してプレゼントするという事ではないので、勘違いしないでくださいね!

この“0円”というのは、あなたの体を使ってお母さん・ママに恩返しするというのが、ほとんどなんです。

具体的には、「肩たたき券」なんかが、挙げられます。

要するに、何か紙などをチケットとして「肩たたきするよ!」という券を何枚か用意して、プレゼントとして贈るんですね!

この券を使いたい場合は、お母さん・ママがこの券を提示してくれますので、そうしたらあなたの体を使って、肩たたき・マッサージをしてあげるというプレゼントです。

「これで、お母さん・ママは喜ぶの?」っと思うかもしれませんが、下でお母さんはプレゼントに対してどう思っているのか?ということを紹介していますので、参考にしてもらいたいですが、十分嬉しいみたいですよ!

POINT:前提として“お母さん・ママへの感謝の気持ち”が一番大事ということを念頭に置いておきましょう!


お母さん・ママは何を望んでいるの?


ここまでで、小学生・中学生の母の日に贈るプレゼントの相場について考えてきましたが、“実際お母さん・ママは何を望んでいるのか?”という疑問も出てくると思います。

そこで、ここでは母の日にお母さん・ママが望むプレゼントについて考えて行こうと思います。

まず、小学生・中学生の母親ということは大体30代~40代というのが一般的なのかもしれません。

もし、30代~40代に当てはまらない場合はこちらでおすすめのプレゼントを紹介していますので参考にしてみてくださいね!
母の日におすすめのプレゼントを年代別に教えて!

ここでは、30代~40代の母親は何を考えているのかを考えて行きますが、何を考えているかというと・・・

「プレゼントは何でも嬉しい!」というのが、大多数のようです。

要するに、プレゼントとしてくれるのであれば何でも嬉しいというスタンスであなたの贈り物を受け取ってくれるんですね!

「本当に!?」って思うかもしれませんが、安心してください本当です。っというよりも、そもそもお母さん・ママはプレゼントを貰えると思っていないことがほとんどのようです。

貰えると思っていない人に、プレゼントが贈られるわけですから、基本的には“何でも”嬉しいんですね!

お母さん・ママは、基本的にこのように考えていますので、無理をしてしまうのは禁物で、逆に「こんな高価なもの貰って困る・・・」と思わせてしまうなんてこともあるみたいです。

そのため、“あなたが出来る範囲で考える”というのが、重要なポイントにしてもらえるといいのではないでしょうか?

POINT:お母さん・ママはプレゼントを貰えるだけで嬉しい!


小学生・中学生のおすすめプレゼントは?


ここまでで、小学生・中学生が贈るプレゼントの予算について、またそもそもお母さん・ママはどう思っているのか?ということを考えてきました。

そこで、ここでは予算0円~2,000円で出来るプレゼントを考えて行こうと思います。

先程も少し紹介しましたが、“肩たたき券”以外にも“お手伝い券”だったり、あなたの体を使った、プレゼントは色々考えられますし貰って嬉しくないお母さん・ママは居ないと思いますよ!

また、その際は折り紙を使って“カーネーション”を折ったり、メッセージカードを用意すると更に喜ばれるでしょう!

折り紙を使ってのカーネーションの折り方はこちらで確認してくださいね!

実は、メッセージカードの方が重要かもしれません!

“日頃の感謝の気持ち”を書いて渡すわけですが、いざ書くとなると何を書いたらいいか悩んでしまう人もいるかもしれませんので、参考までに内容について紹介しますね!

【メッセージカードの内容】
  • お母さん、ママの好きなところ

  • いつも美味しいご飯を作ってくれてありがとうという気持ち

  • たまには休んでほしいと思っていること等

ここに、書いてあることを必ず書く必要はないですが、“いつもありがとう”“大好き”という気持ちを素直に伝えられるといいですね!

また、参考までにプレゼントとしては以下のようなものが人気みたいですよ!

icon-rank-tk02_s01
外食

icon-rank-tk02_s02
カーネーション

icon-rank-tk02_s03
肩たたき券(マッサージ券)

2位になっている“カーネーション”ですが、そもそも“母の日=カーネーション”というイメージが強いですが、何でこのようになっているのでしょうか?

これについては、他の記事で詳しく考えているので、“カーネーション”をプレゼントに考えている方はご覧いただければと思います。
母の日に“赤色カーネーション”を贈る意味はこちらから!

カーネーションは、2,000円の予算があれば贈ることは可能かもしれませんが、1位の外食は少し難しいかもしれませんね・・・

そこで、外食をプレゼントとして贈ろうとしている人は、“お父さん・パパ”の協力を借りているみたいです。

但し、散々言っていますが“無理をする”ことは、逆にお母さん・ママを困らせてしまうかもしれませんので、出来る範囲で考えてみるのがいいですよ!

POINT:「外食」以外でも予め“お父さん・パパ”に相談してみるといいかも!


まとめ


今回は、母の日に贈るプレゼントとして小・中学生はどのような贈り物をしているのか?予算・相場について紹介していき、おすすめのプレゼントについても考えてきましたがいかがだったでしょうか?

小学生・中学生という年齢で、何かプレゼントを贈りたいと考えている時点で、お母さん・ママとしては涙が出るくらい嬉しく思っています。

無理をしない範囲で、あなたが出来る最大限のことをして“日頃の感謝の気持ち”を伝えるように心がけましょうね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ