スポンサードリンク



歯磨き粉を付けて歯磨きをするのは危険であるという説があるようです。

本当にそうだとすると、毎日最低でも2回は行っている行為自体どうしてくれるの!?っと感じてしまいますよね(汗)

そこで、今回はその歯磨き粉の危険性について紹介していこうと思います。

正しい知識を身につけて明日からの歯磨きにいかして貰えたら嬉しいです。


歯磨き粉の危険といわれる成分って?



危険といわれる成分は以下のようなものが挙げられます。
  • フッ素

  • ラウリル硫酸ナトリウム

フッ素

虫歯予防に効果を発揮するフッ素は販売されているほとんどの歯磨き粉に含まれていますが、この“フッ素”が危険であるという調査がありました。

濃度の高いフッ素を摂取した場合には、吐き気・腹痛・下痢・不整脈・昏睡といった急性の中毒症状が起こる可能性があるということです。

フッ素を日常的に摂取した場合に、発育期の子供には骨肉腫や若い母親からのダウン症児が生まれるリスクが高まるということもあるようです。

特に小さい子供の場合注意が必要なこととしてはフッ素を飲み込んでしまうことのようです。

成人は約90%が尿から出て行き残りが骨に沈着するそうですが、子供の場合30~40%が骨に沈着するといわれており、そこから骨肉腫などの骨の異常やがんの発生率を高めると考えられているようです。

ラウリル硫酸ナトリウム

発砲剤の成分で、口の中を泡立たせて歯磨き粉を拡散させて、汚れを落とす効果のあるラウリル硫酸ナトリウムですがこれも危険という説があるようです。

ラウリル硫酸ナトリウムは泡立ちをよくするということからシャンプーなどにも使われています。

従って、歯磨き粉だけではなくシャンプーも注意する必要があるかもしれませんが、皮膚より口内粘膜の方が吸収されやすいので、歯磨き粉の方が危険と言われています。

ラウリル硫酸ナトリウムを摂取した場合、口内粘膜から吸収されやすくダイレクトで血管に入って行ってしまいます。

そして、目の裏に溜まったり、肝臓や子宮等に蓄積するといわれています。

これにより、白内障、発がん率を高めるリスクがあるという指摘があるようです。

フッ素もラウリル硫酸ナトリウムも、歯磨き粉に求める効果を発揮するために必要な成分ですので、うまく付き合っていく必要がありそうだと感じました。

歯磨き後良くうがいをして洗い流すことや歯磨き粉を飲み込まないように注意することなど心掛けるといいでしょう。

POINT
歯磨き粉の多くにこれらの成分は含まれている!


子供に歯磨き粉が良くない理由は?



フッ素の骨への沈着率は30%~40%と言われており、骨肉腫などのガンのリスクを高めてしまいます。

またほとんどの歯磨き粉でフッ素は配合されていて、味付きの歯磨き粉が販売されていると、飲んでもいいんじゃないかと誤解されてしまうかもしれません。

しかし、

飲んでいいことは一つもありません。

うがいを出来ない子供の場合、歯磨き粉の使用は控えることをおすすめします。

どうしても使用するのであれば、フッ素が入っていないものか濃度100ppm以下を使うようにするといいかもしれません。

ただ…フッ素は400ppm以下の場合効果が確認されていないようですので、虫歯予防としてそもそも効果があるとは言い切れません。

歯磨き粉を使うか使わないかは抜きにして歯垢を落とすという意味で、歯磨きは小さな子供の場合仕上げに親がやってあげてもいいかもしれませんね!

POINT
間違っても歯磨き粉を飲まないように注意しましょう!


口内炎の症状の場合注意が必要?



口内炎の場合、ラウリル硫酸ナトリウムが含まない歯磨き粉か歯磨き粉をつけないことをおすすめします。

そもそも歯磨き粉に含まれるラウリル硫酸ナトリウムは、口内炎を誘発させる効果もあるといわれています。

歯磨きをし終わった後口の中で薄皮が剥がれている経験はないでしょうか?

ラウリル硫酸ナトリウムの成分が、粘液の膜を乾かしそれらを刺激することでめくれてしまっているようです。

そして、その薄くなったところを傷つけることで口内炎になってしまうという説もあるみたいですよ!

口内炎になる原因としては、これ以外にもストレスや疲労などによる免疫力の低下など様々あります。

そして、これらの要因と歯磨き粉が合わさることで口内炎になる可能性が高まるということですので注意が必要と言えるでしょう。

POINT
口内炎の時は歯磨き粉の使用を控えた方がいいかも!


まとめ


今回の内容は歯磨き粉についての危険性について紹介しました。

「歯磨き粉を使わずに歯磨きをしても正しいやり方であれば虫歯になったり歯垢がたまったりしない」と歯医者さんも言っていますので、不安に感じた方は使用しないという選択もありだと思いました。

でも・・・

やっぱり歯磨きした後の清涼感とか、すっきり感を感じたいと思う方がほとんどだと思います。

体調に害がない歯磨き粉として中には天然成分100%で作られた歯磨き粉もあるようですが、お値段はそこそこするようですので興味のある方は一度調べてみてください。

まずは歯磨き粉に関する正しい知識を身に付けて、今までの歯磨き粉をお使いの方は最低限飲み込まないなどの使用上の注意を守って使っていく必要がありそうですね!

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク