スポンサードリンク



こんな疑問持ちませんか?

「歯磨き粉に含まれる成分からどのような予防効果があるんだろう?」

ここでは主な予防したい項目に該当する成分を紹介します。

あなたが歯磨きをすることに求めるのは以下のような効果ではないでしょうか?

  • 虫歯予防/li>
  • 歯周病予防
  • 口臭予防
  • ホワイトニング効果

それぞれについて歯磨き粉のどのような成分がこれらの効果を発揮するのか紹介していきますので、ご自身が歯磨き粉を選ぶ際に参考にしていただければと思います。

ポイントとしては“予防”ですので、直す訳ではなく、それらになりにくい歯にするというものですので、誤解が無いようにしましょうね!


虫歯予防の歯磨き粉の成分って?



虫歯になってしまうのは痛いですし、テンションが下がりますし食事もおいしく感じられずやっぱり嫌ですよね・・・

歯磨き粉の成分のうち虫歯を予防する効果があるのは、フッ素が配合されているものになります。

虫歯のそもそもの原因は歯垢(プラーク)と言われていますが、フッ素を配合された歯磨き粉を使うことで歯に含まれるカルシウムと結合することで、歯垢(プラーク)を作る酸の量を抑えてくれる働きがあるんだそうです。

また、歯から溶けてしまうカルシウムを再び元に戻す効果もあるようですので、長年使い続けることで虫歯になりにくい丈夫は歯にしてくれるんですね!

POINT
虫歯予防にはフッ素が配合されているのがいい!


歯周病予防の歯磨き粉の成分って?



歯自体ではなくその根元も部分である歯茎が炎症してしまう歯周病で、昔は歯槽膿漏と言われていました。

歯周病と歯槽膿漏は同じ意味だったんですね!

歯周病の原因も歯垢(プラーク)と言われています。

歯の根元に歯垢がたくさん詰まって歯茎が炎症を起こしてしまうということが要因の一つです。

歯周病予防に効果的な成分は主に以下の4種類が挙げられます。

  1. ℇ-アミノカプロン酸

  2. 歯茎の炎症を進ませる物質プラスミンを抑制して腫れ・出血を防いでくれる
  3. β-ブリチルレチン酸

  4. 腫れ・出血を抑えて殺菌してくれる
  5. イソプロビルメチルフェノール(IPMP)

  6. 原因菌の巣と言われるバイオフィルムの奥まで浸透して殺菌してくれる
  7. サリチル酸メチル

  8. 歯肉や歯茎の炎症を抑えてくれる

歯周病は自然に治ることのない病気と言われるくらいたちの悪いものですので、これらの成分を効果的に使用することで予防・抑制をしていく必要がありますね!

POINT
覚えるのは難しいのでメモするようにしましょう!


口臭予防の歯磨き粉の成分って?



ほとんどの歯磨き粉には爽快感が感じられ口臭を抑えてくれる働きがあると思われがちですが、本当にそうなのでしょうか?

実は、口臭予防に最も効果的なのは自分の唾液と言われているんですよ!

口の中が乾燥してしまうと歯垢(プラーク)等の細菌が繁殖しやすい環境となってしまい、結果的に気になる口臭になってしまうというのが原因のひとつに挙げられます。

口臭の原因はそれだけではなくタバコ等のヤニ臭いや内臓からくる臭いもあるのですが、乾燥を防ぐに越したことはありません。

唾液が良いということが分かったところで、じゃあ口臭に関して歯磨き粉は効果がないのかというとそうではなく、お口の乾燥を抑えてくれる成分があるんです。

そこでこの場合には湿潤剤が入っている歯磨き粉はいかがでしょうか?

口の中を適度な湿度を与えてしっとり感を保つことができますので、口の中を乾燥させ難くしてくれることでしょう。

POINT
口臭予防には湿潤剤が含まれているモノを選ぼう!


ホワイトニング効果の歯磨き粉の成分って?



歯磨き粉は大きく分けて2つに分類することが出来ます。

それは化粧品歯磨き粉と医薬部外品歯磨き粉で歯を白くしたいだけ人は、化粧品歯磨き粉を使うといいかもしれません。

一見すると化粧品歯磨き粉はあまり効果がないような気持ちもしますが、この2つの違いは薬用成分が含まれるか否かの違いだけです。

化粧品歯磨き粉は薬用成分を含まず、基本成分のみで構成されている点に特徴があります。

例えば上記で挙げているフッ素なんかは薬用成分ということがなんとなくお分かりいただけるかもしれませんが、念のため基本成分の主なもの挙げておきますね!

  • 清掃剤・・・歯の表面を傷つけないで汚れを落とす効果がある。

  • 湿潤剤・・・適度に湿気を与えてくれる。

  • 保存料・・・変質を防いでくれる。

  • 発泡剤・・・口の中に歯磨剤を拡散させて汚れを除去してくれる。

この基本成分は予防という観点より、今ある汚れをきれいにしてくる効果があるものというイメージだとしっくりくるかもしれません。

補足として、薬用成分の中にも歯を白くすることを目的とする物質があります。

これはホワイトニング効果がある成分として“メタリン酸ナトリウム”を含む歯磨き粉がおすすめです。

歯医者さんでも使われているようですのでこちらの成分が入っている歯磨き粉も使ってみる価値はあると思います。

この成分は歯を白くするということとそれを保つ効果もありますので、白い歯を手に入れたいという方はこちらの成分を含む歯磨き粉をしようするのがいいでしょう。

因みにこの2つは歯磨き粉の裏面にかならず書かれていますので、現在使われている歯磨き粉が基本成分のみなら化粧品歯磨き粉、基本成分と薬用成分が書かれている場合は医薬部外品歯磨き粉と判断することが出来ます。

POINT
まずはあなたの使っている歯磨き粉をチェックしてみよう!


まとめ


今回は歯磨き粉に含まれる成分を紹介し、それぞれがどのような効果を表すのか説明してきましたがいかがでしょうか?

個人的には少しカタカナが多くなったりして難しく感じた部分もありました。

ただこれを理解しているだけであなたが歯について悩んでいることを、効果的に対処してくれる歯磨き粉を探しやすくなるかと思います。

次回歯磨き粉を購入する際の参考にして頂ければ嬉しいです。

あなたのお悩み・お困りが解決されますように・・・

スポンサードリンク